料理の幅を広げます

使い方と活用

万能鍋の役割

鍋料理と言えば、煮物、冬の鍋、茹でるです。
「片手鍋」ミルクパンは少量を温める・離乳食を作る時便利です。琺瑯・ステンレスは軽いです。雪平鍋はアルミで熱伝導が良く汁物にむいてます。
「両手鍋」大きい鍋は安定感があります。熱伝導が良いのでシチュー・煮物むきでカラフルな色はそのまま食卓に出すとお洒落です。深型は麺の湯切り、浅型は野菜などの湯切りが便利です。
「圧力鍋」昔、水蒸気が怖いイメージありましたが今は初心者にも使いやすくなってます。煮込み料理は短時間で柔らかく、味が染み込みます。
「土鍋」保温性にすぐれ、鍋料理・ご飯を炊く時最適です。
「鋳物鍋」形・サイズが色々あります。ずっしりと安定感があり両手鍋の種類です。火を消して余熱でじっくり火が通ります。
「専用鍋」一人暮らし用は小さくて食べきりサイズです。1合・2合炊きのご飯が炊けます。
「耐熱ガラス鍋」調理中の鍋の状態を確認できます。

フライパンの活用術

炒め物・卵料理・煮込み料理・焼き物・オーブン料理、ソース作り・下味付き調理によって違います。素材は材質が違います。
「鉄製」炒め物・焼き物・オーブン料理です。
「鋳物」炒め物・煮込み料理です。
「銅製」卵料理・パンケーキです。
「セラミック・フッ素加工」下味付き調理です。
「チタン」焼き物です。
「アルミ」パスタ・ソースです。
代表的な料理で想像できると思います。サイズは人数・材料分量・収納場所で浅型・深型・軽量・積重ね、機能は時短・同時進行・専用・楽ちん・お洒落、ブランドは安心な高品質です。料理初心者向けは値段、形、色から探しても楽しく料理を始められます。
最近ではグリルで魚を焼くとお手入れが大変、煙が気になるので大きな魚を丸ごと焼けるフライパンもあります。お洒落なシリーズではスキレットでそのまま食卓に出せます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る